リダックサポートデスク

​ニュースレター                     ​                                                                                                                                      September 2019

こんにちは。リダックサポートデスクです。

残暑も日ごとに和らぎ、初秋の季節となりましたね。


​9月第一月曜日はLabor Day(労働者の日)。

Labor Dayの祝い方は、パレードを行うことで公衆に「同業者・労働組合の強さと団結精神」を示し、労働者とその家族の祝祭を行うというもの。

そして、多くのアメリカ人にとって、Labor Dayは伝統的にの終わりを象徴する祝日と言われ、家族や友達とパレートを見に行ったり、BBQをしたりと夏の最後の休日を楽しみます。皆様はどんな祝日を過ごされましたでしょうか?

 

​今月は物件探しのポイントをまとめてみました。

​物件探しのポイント 

(物件探し~物件内覧編) 

               Q&A

Q: 家探しをするのにまず最初にすることは何でしょう?

A: 何を一番に重視するのか優先順位を決めましょう。すべての条件を満たす物件を探していると大きく予算がオーバーしたり

予定までに家が見つからないなどリスクがあります。治安、利便性、お子様がいるご家庭でしたらどこの学区にしたいかなど、何が一番重要かを決めておく必要があります。

アメリカの学校選びにおすすめなWebサイトがこれ!

 地域を入力して検索すると、その地域の学校の情報を得ることができます。

 

​ 英語を話せない子供の為にESL(English as a Second Language)と呼ばれる特別授業

 用意している学校も多く、必要に応じてESLの有無など確認するのもお勧めします。

gs_logo-0879a789816c2559c256f90d41ea8f14

Q: 物件を絞っていく上で注意する点は何でしょう?

A: 最近はインターネットで手軽に物件や物件周辺の様子を確認することが可能です。インターネットに載っている情報が古かったり、実際よりも良く見えてしまう写真などありますので十分に注意が必要です。現地に足を運ぶというのはとても基本的な事ですが一番重要です。また出来るだけ、昼間と夜、両方の周辺の雰囲気をチェックするというのもポイントになるかと思います。

新築物件だからと言って、必ずよい物件とはいえません。壁が薄く音漏れをしたり、物件の管理会社のメンテナンスのサービスが良くなかったりと新築物件だからという理由だけで決めて、住んだ後に問題点が発覚することもあるので注意が必要です。

  

Q: 物件を見に行く時に知っておいたほうがいいことはありますか?

A: 日本とアメリカで不動産事情の違いを理解しておく必要があるかと思います。日本に比べ特に日本人が住むような人気エリアでは空室率が数%というエリアも珍しくありません。貸主(オーナー)は強気であり、内覧順にも関わらず、よりよい条件を提示する借主(テナント)と契約する傾向にあります。特にクレジットヒストリーなどのない渡米したばかりの日本人にとっては不利なスタートといえるでしょう。審査が通り次第、すぐに契約開始となる場合が一般的、契約日を後ろ倒しにできない場合もありますので注意が必要です。

​隣人とのトラブルや平素の付き合いなどを考慮し、貸主(オーナー)、近隣住民の国籍などの情報を細かく入手することは米国内の法律に​より出来ません。

Q: 実際に物件を見に行った際にどのようなポイントをチェックするべきですか?

A: 物件を内覧する際に、筆記用具は必ず持っていきましょう。内覧中に気になったことも、その場ですぐに聞けない可能性もありますので、必ずメモとペンなどの筆記用具を持参し書き込むようにしましょう。また何件も内覧する場合、どうようなキッチンだったのかを忘れてしまうこともあります。物件の写真を撮っておくことで後で物件の最終決定がしやすくなります。

聞く、触る、臭うなど五感を使って確認するようにしましょう。気になる音や匂い、振動などがないかを確認することも大切です。自分(もしくは家族)が一番家にいる可能性の高い時間帯に内覧に行くこともいいかもしれません。

​物件に入ったら、ドアの締まり具合などを調べたり、キッチンの蛇口やシャワーは全てひねって出してみましょう。水の水圧やコンセントの位置や数なども自分のニーズに合ってるか確認しておくといいでしょう。

​暮らしの情報 あれこれ 

  「お役立ちサイト」​ 

​サポートデスクスタッフが利用しているお役立ちサイト! 

Tokyo Central​

日本人としてどうしても恋しくなるが日本食。しかし、食材を揃えることが難しい地域も多いものです。

LAなどにある日系スーパーのTOKYO Centralでは、オンラインでも食材購入で全米に発送してくれます。一定額以上購入すると送料も無料になります

logo.gif

Yelp

あらゆるジャンルのお店の検索や利用者の声を確認するのに使われているのがyelp(イェルプ)。

地図や写真を確認しレストランを選んだり、コメント数や評価の星の数で業者を選んだりと、新たなお店の開拓に大変便利です

IMG_3789.PNG

AMAZON

 

オンラインショッピングでおなじみのamazon。商品の充実度は日本以上。値段の比較サイトを使う必要がないほどほとんどが最安値で購入できます。

良く購入される方やWhole Foods で購入される方は、amazon Prime へのお申込みもおススメです。

amazon.png

Open Table

 

ご家族のお祝い、ご友人や同僚との食事など評価の高い人気のレストランに行きたいものです。しかし、そんなお店に限って長時間並ぶことも。

​OpenTableでは、時間や人数を指定して、Web上で空きのあるレストランの検索や実際の予約まで出来ます。

download (3).png

イベント・キャンペーン情報

「アンケートキャンペーン」

アンケートキャンペーン
​画像をクリックしてアンケートに答えるだけ!
thumbnail_campaign-Aug2019.png
※ ご回答は、お一人様一回限りとさせていただきます。

Have a great day!

住宅のことでお困りの際はリダックサポートデスクにご相談ください。

1-888-428-0770

月~金 9:00AM~5:00PM(東海岸時間)

 20801 S. Western Ave. Torrance CA 90501 / www.redachotel.com
 お問合せ:310-328-2862・rghcorporate@redacinc.com  

© 2021 Relo Redac, Inc. All rights reserved