リダックサポートデスク

​ニュースレター                     ​                                                                                                                                      October 2019

こんにちは。リダックサポートデスクです。

秋空高くさわやかな好季節になりましたね。

10月31日は『Halloween(ハロウィン〉』キリスト教の諸聖人に祈りを捧げる祝日「万聖節」の前夜祭として行われるヨーロッパ発祥のお祭りです。

ハロウィンになると先祖の霊と一緒に悪霊もやってきて、人間たちに悪運をもたらしたり、いたずらをすると言われ、魔女、ゴースト、ゾンビ、ドラキュラ、といった恐ろしい怪物や怖いものに仮装し、悪霊を怖がらせて追い払うのが習わしになっています。またカボチャの中身をくりぬいて作る『ジャック・オー・ランタン』は、魔除けの役割を果たし、悪霊を怖がらせて追い払えるとのことで、怖い顔にくり抜いて部屋の窓辺などに飾ります。

皆様も子供達と一緒に仮装してハロウィンを楽しみましょう。

『 Trick or Treat』

​物件探しのポイント 

(契約~入居編) 

               Q&A

Q: 契約をする際に注意する点は何でしょう?

A: ​契約書にはきちんと目を通すことが非常に重要です。
アメリカの賃貸契約書の中には、テナント側、オーナー側どちらに責任があるのかなどが非常に細かく記載されています。テナントに不利な書き方をされている場合があるので内容に納得をした上でサインするようにしましょう。
例えば、一軒家の場合、庭の手入れや雪かきを誰がやるのか、どちらが費用を負担するかなども記載されています。交渉は項目によっては可能なケースがある為、契約を結ぶ前に行いましょう。

 

特に日本から赴任でいらしている方の中には仕事の関係で、急遽日本へ戻ることもあるかと思います。その際に、中途解約に関してどのような契約になっているのかも事前に確認しておくと良いでしょう。中途解約が出来ない場合、帰国後にも契約が終わるまで家賃を支払う義務が発生してしまう場合があります。

Q: その他に契約をする際に注意する点はありますか?

A: 州をまたいで引っ越しをされる方もいるかと思いますが、州によって運転のルールが異なるように、賃貸契約も州によって変わってきます。子どもの数、子供の性別などにより、住む家の部屋の数が決まっていることもあります。
不明な点は、不動産の専門家に相談されることをお勧めします。

Q: 契約をした後にすべきことは何ですか?

A: 契約をしたら、契約開始日までに電気、ガスなどユーテリティの名義変更をします。 
また、敷金や初月家賃などの支払いをする必要があります。
ウェルカムレターなどに入居までにしなければならないことが記載されていますので、必ず貸主に何をするべきかを確認しましょう。
またテナント保険への加入をおすすめします。ビルディングによっては、保険に入るのは任意というところもありますが、万が一に備え保険の加入を強くお勧めします。

例えば一軒家の場合は、家の敷地内で誰かが転んで怪我をしてしまった場合にテナント側の責任となる場合もあります。ただ単に“保険に加入をすれば良い“わけでは無く、必要な内容がカバーされてるかがとても重要になります。さらには、万が一の時に日本語で状況を説明できるというのも安心かと思います。
 

弊社のグループ会社(リダック・アドバンテージ)では、保険を取り扱っています。日本人駐在員とそのご家族が遭遇しがちなトラブルを熟知したリダック・アドバンテージなら、最適な保険プランを提案することが可能です。さらに、万が一の事故の際は、24時間365日、日本語でサポートが受けられるため安心してお任せいただけます。お気軽にお問合せください。

※取り扱いのできない州もございますことご了承くださいませ。

保険に関するご相談・お問合せはこちら>>

Q: 入居してから気をつけることはありますか?

A: 入居時の物件状態を確認します。これを入居インスペクションといいます。入居インスペクションでは、入居時の「原状」を明らかにするため、ダメージ箇所の写真を撮ったり、入居時の状態を残しておきます。退去の際に間違って敷金から控除されないようにする為にも大切なことと言えます。 
基本的に、入居からある期間、だいたい1週間くらいになりますが、物件内での不具合がある場合は貸主の責任で直します。何も報告のない場合は物件内での不具合がないものと思われますので、なにか問題点があれば速やかに貸主へ書面にて報告するようにしましょう。

賃貸契約書には毎月の家賃の締め切り日が記載されています。その日を過ぎた場合は延滞金が罰金として課金される場合もありますので、何も言われなくても支払いを忘れないように気を付けましょう。
 

貸主は新しいテナントが入る前に、電球を新しく変えたり、煙探知機、一酸化炭素探知機などがきちんと作動していることを確認して貸し出すのが一般的です。ただし、入居の際に不具合があれば速やかに報告するようにしましょう。
また、入居中に不具合が起きた際の、メンテナンスをお願いする連絡先は聞いておくようにしましょう。

​暮らしの情報 あれこれ 

  「5 Best Halloween Festivals in the U.S」​ 

5 Best Halloween Festivals in the U.S.

​全米で有名なハロウィン​のお祭りをご紹介いたします。友達、家族と出かけてはいかがでしょうか?
1.Festival of the Dead, Salem, Massachusetts

セーラム(Salem)はボストンの北に位置する小さな港町で、現在は「魔女の街」として有名で、ハロウィンには全米から観光客が訪れ大きな賑わいを見せます。セーラム魔女博物館では、魔女狩り、魔女裁判がどのように行われたのかの歴史を学ぶことができます。

​詳しくは こちら

ダウンロード.png

2.Village Halloween Parade, New York City, New York

世界最大級のハロウィン・パレードとして、すっかり秋のニューヨークの風物詩として有名。「ビレッジ・ハロウィン・パレード」。約5万人がコスチュームを着てパレードに参加し、来場者は200万人を超えます。

詳しくは こちら

98565719_gettyimages-868798838.jpg

3. West Hollywood Halloween Carnival

世界最大級の規模を誇るハロウィンパレードとして有名。ロサンゼルスの大通りを歩行者天国にして、仮装をした人々が練り歩く。露店があったり、参加者が歌ったり踊ったり、仮装コンテストも開かれ、パレードは大いに盛り上がります。

詳しくは こちら

arrangement-candle-decoration-1389099.jp

4.Jack-‘O-Lantern Spectacular, Louisville, Kentucky

 

ケンタッキー、ルイスビルの大人気のハロウィン・イベント「ジャック・オー・ランタン」家族、友達で楽しむことができます。ジャック・オー・ランタンのアートを十分にたのしみましょう。

詳しくは こちら

tripping-image-10-36-1068x629.jpg

5.Little Five Points Halloween Festival, Atlanta, Georgia

 

アトランタのパレードも有名です。

仮装をした人々が練り歩くパレードやライブ音楽、食べ物の露店が

あったりと楽しいイベントです。ご家族、友達と楽しみましょう!

​詳しくは こちら

logo_l5phalloween-1.png

Happy Halloween! 

住宅のことでお困りの際はリダックサポートデスクにご相談ください。

1-888-428-0770

月~金 9:00AM~5:00PM(東海岸時間)

 20801 S. Western Ave. Torrance CA 90501 / www.redachotel.com
 お問合せ:310-328-2862・rghcorporate@redacinc.com  

© 2021 Relo Redac, Inc. All rights reserved