リダックサポートデスク

​ニュースレター                     ​                                                                                                                                                April 2020

こんにちは、リダック住宅サポートデスクです。

うららかな春の日差しが心地よい季節となりました。

全世界で、コロナの流行が懸念されていますが、皆様はお元気でお過ごしでしょうか?

4月12日は「イースター」(キリストの復活をお祝いするお祭り)ですね。街にはカラフルに彩られた卵やうさぎが飾られているかと思います。

今年は 皆様で『Stay at home』『Social Distance』を守り、コロナ感染拡大を防ぎ、収束を願うばかりですね。

『手を洗う』『せきやくしゃみはティッシュで受け止める』『顔には触らない』でご自身を守りましょう。

 

f50007-SUB1.jpg

 アメリカでの家賃の支払い・送金事情  

 

 

 

新型コロナウィルス(COVID-19)の蔓延に伴い、皆様在宅勤務で対応されていたり、いろいろな生活面で不自由をされているかと思います。外出ができないことから、小切手での支払いが難しい状況かもしれません。

そこで小切手以外での支払方法のご案内です。通常であれば、小切手の受け取りのみ受け付ける貸主もこの状況下での変更はできるかもしれませんので確認してみてはいかがでしょうか?

​​

小切手の書き方こちら

Wire Transfer​
 

2つの銀行間で行われる送金のことで、特定の通信手段を用いて当事者の銀行間で送金に必要なコミュニケーションや手続きを経て行われる送金。日本では電信送金と呼ばれているものです。
​即日に決済ができますが、手数料は高いです。

​​

ACH (Automated Clearing House)

ACH運営機関がその日1日のあらゆる銀行間でのACH送金データを一挙に集めて、清算処理(Clearing)を一括で行ってくれることで日本では電子送金と呼ばれるものです。

アメリカ国内での送金や決済はACHで行われているようです。

ACH Transferでは当日決済されることは一般的にはなく、基本的には2-3日程度掛かります。

​​

Zelle
 

Zelleが利用できる銀行の口座間であれば、相手先のメールアドレス/電話番号と金額を入力するだけで即時に送金/送金依頼がでできます。ただ、1日の送金限度額が決まっていたりするので、確認が必要です。友人間の清算に利用するのは便利ですが、家賃の支払いには向いていないかもしれませんね。

​詳しくは こちら

​​

​暮らしの情報 あれこれ 

          Things To Do On Easter

 Best Things To Do On Easter

 

​4月12日「イースター」は、キリストの復活をお祝いするお祭り。街にはカラフルに彩られた卵やうさぎが飾られているのに気づくでしょう。欧米では、生命や復活の象徴とされる卵をゆでて色付けした「イースター・エッグ」を飾ったり、それを隠して探したりするほか、多産のうさぎをモチーフに飾りつけをしたりして、キリストの復活をお祝いします。

イースターエッグを作る

 

キリスト教では「たまご」は生命のシンボル。復活祭というだけあって、イースターではその生命のシンボルであるたまごをきれいにペイントしたりします。

用意するもの

 

  • 生卵

  • つまようじ

  • 中身を受ける容器

① 針で卵の上と下に穴を空けます。必ず上下に二つ開けてください。

② つまようじを差し込んで、少し穴の端を欠けさせたりしながら、卵の下のほうの穴を広げます。

  直径3~4ミリくらいまで広げれば大丈夫。上の穴は小さい穴のままでOK。

③ つまようじで中の黄身の膜を破り、つぶすように中身をついたり、かき混ぜたりします。

④ 卵の中身を受ける容器を用意し、たまごの上の小さいほうの穴に口をつけ、卵の中に思い切り息を吹き入れ

 ます。すると、 下の穴から卵の中身が噴き出すので、中身がなくなるまで続けます。

➄ 空っぽになった卵に、穴から水をいれます。数回振ってから、息を穴から吹きかけ、水を出します。

  これを数回繰り返し、中身をきれいにします。

⑥ 乾かしたたまごにペイントして完成。

​上記の作業が面倒な場合は固ゆでのゆで卵でもOK。ただし日持ちはしないのでご注意を。

Image by Bee Felten-Leidel
イースターで人気の夕食を作る

準備するもの

1.1ポンドから10ポンドの骨付き完全調理済みスモークハム

​2.クローブ(大さじ2)(オプション)

3.グレーズ1 1/2カップ

作り方

 

1 冷蔵庫からハムを取り出して、室温に戻して約30分おく。

2 オーブンを華氏325度に予熱します。ハムに切り込みをいれます。

​3 ハムを平らな面を下にして、ローストパンのラックに入れます。鍋の底に1/4インチ

  の水を注ぎます。オーブンに移して、ハムの最も厚い部分に挿入された温度計が華氏

  130度、約2時間30分(ポンドあたり約15分)になるまでローストします。

4 オーブンの温度を華氏425度に上げます。グレーズの半分(グレーズについては以下

  を参照)をハムの上に注ぎ、ブラシでコーティングします。鍋の底の水が蒸発した場

  合は、さらに追加します。ハムをオーブンに戻してローストし、残りのグレーズを

  10分おきに塗り、光沢があり、よく焼き色がつくまで、さらに45分ほど焼きます。

グレーズ

2カップのアップルサイダーを鍋に入れ、中強火で1/2カップになるまで8〜10分間煮る。熱を低くします。リンゴゼリーとメープルシロップそれぞれ1/2カップ、全粒マスタード1/4カップ、オールスパイス小さじ1/2、ナツメグ小さじ1/4を加えます。

 

 

​詳しくは こちら

Image by Сергей Орловский

イベント・キャンペーン情報

アメリカ赴任前webオリエンテーション

これから赴任する方必見!アメリカ赴任前webオリエンテーションを開催します。(参加無料)4月17日(金)

us-web-orien.png

現在ニューヨークとロサンゼルスで好評開催中の赴任前webオリエンテーションに加え、この度、地域を特定せず、これからアメリカに赴任される方ならどなたにも役立つ「アメリカ赴任前webオリエンテーション」(無料)を開催することになりました。毎月一回(毎月第三金曜日)開催しており、次回の開催日程は以下の通りです。

■アメリカ赴任前webオリエンテーション■

   4月17日(金)日本時間の夜10時~
 ※参加無料・要事前申し込み

●アメリカでの家探しは日本とどう違うの?
●どんなところに気をつけたらいいの?
●生活環境はどんな感じ?治安は?
●炊飯器は持って行った方が良いの?他に持って行くべきものは?
●子供の学校は現地校がいいの?他の人は日本語教育をどうしているの?

等々、ご赴任前の様々な疑問にお答えします。


【申込方法】 
以下の情報を明記の上、relocation@redacinc.comまでお申し込みください。

①参加ご希望日 ②お名前 ③会社名 ④電話番号 ⑤emailアドレス ⑥ご赴任予定地(州・都市名) ⑦渡米予定のご家族構成 ⑧渡米予定時期 ⑨当オリエンテーションを知った経緯

       Happy  Easter Holiday

住宅のことでお困りの際はリダックサポートデスクにご相談ください。

redac_color.png

1-888-428-0770

月~金 9:00AM~5:00PM(東海岸時間)