花瓶に入ったアジサイ

 
リダックサポートデスク
​ニュースレター       
             ​                                                               
       
                                                                                                               
June  2021

 

こんにちは、リダック住宅サポートデスクです。

 

日ごとに気温が上がり、夏らしい気候となってきましたが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?

アメリカでは、5月最終月曜日の祝日、「メモリアルデー」が過ぎると夏が始まると言われています。

日照時間も日に日に伸びる中、例年でしたらこの時期学校も夏休みへ突入し、夏らしいイベントの野外コンサート、ストリートフェア、パレードなどが各地で行われますが、今年は昨年からのコロナの影響で、そういったイベントの開催が縮小になってしまうのでしょうか。残念ですが、もし時間があればスケジュールをチェックして、感染防止対策に留意し、ご家族、友達と出かけて楽しみましょう。

​​

今回のニュースレターは、リース契約を更新する際に気を付けたいことをまとめてみました。​

 

greenery-decorative-bouquet-composed-of-

賃貸更新契約をするときの注意事項!

サインをする前に契約内容を見直しましょう

Q: どうやって更新手続きを進めますか?​


お住まいがアパートなのか、戸建て物件なのかによっても違いますが、一般的に契約満了の30~60日前までに貸主より、更新するかどうか、契約満了日で退去するのかどうかの確認のオファーレターが届きます。

 

万が一届かない場合はテナント側から、必ず書面にて更新(もしくは退去)の旨を連絡しましょう。

​その際に、ご自身の賃貸契約書上では、契約満了日から何日前までに貸主へ更新の意向を伝えなければいけないと記載されてあるか確認しておくことも大切です。トラブルを防ぐためにも、通知期限切れにならないよう注意しましょう。

Q: 更新時の家賃は上がるものですか?

 

賃貸マーケットの状況は州によっても異なるため、家賃上昇もそれに伴い違いがあります。また物件の管理状態により貸主との交渉可否もそれぞれ異なります。

 

ただここ数年、家賃はおしなべて上昇する傾向にあるため、ご赴任先の住宅補助やご予算との兼ね合いもふまえ、貸主から更新後の家賃を提示されたら、家賃の妥当性や相場について確認しながら、交渉できる物件のようであれば、慎重に貸主と交渉するとよいでしょう。

Q: 管理会社と個人オーナーの違いは、更新時に関係しますか?

 

一般的に貸主が個人家主の場合と管理会社の場合で家賃交渉の可能性には違いがあります。

 

個人家主の場合は家賃の最終決定が家主本人次第ということもあり、普段からよいコミュニケーションが取れていたり、家賃の滞納や住居へのダメージなどトラブルがない場合ですと、交渉もスムーズに運ぶこともあります。ただ、税金があがったり、HOA(Home Owners Association) の費用が上昇した場合の交渉は難しい場合もあります。

​アパートなど貸主が管理会社の場合は、年度の値上げ率がアパート独自のアルゴリズムによって算出、設定されていることもあり、個人大家と比べて交渉が難しい場合もありますが、お住まいのエリアのマーケット状況によっては、交渉ができる場合もありますので、家賃の妥当性や相場についてご不明点などある場合は是非、サポートデスクまでご相談ください。

▶▶豆知識「HOA / Home Owners Association」

日本でいう共益費のことです。外観や共同部分の玄関、プール等のメンテナンス、庭師、火災保険、場所によっては水道代、ごみ代、ケーブル代等も含まれます。
 

Q: 更新直後に帰任しそうです。何を注意すべきですか?

残りの赴任期間を考慮して更新契約期間、また現行の契約内容が適切がどうか見直しましょう。

 

残りの赴任期間が短くなることで、現行の契約内容では不利な立場になることもあります。契約更新後1年以内に契約を終了する場合、月極に移行することもご検討されるとよいでしょう。ただ、月極は契約延長後の家賃が大幅に上昇する場合がありますのでご注意ください。

Q: 中途解約が更新契約書についていませんでした。これは普通ですか?

契約書にあった条項、特に解約条項が同じように更新の契約書にもあるかどうか、違約金の有無および金額に変更はないか、また退去する場合の事前通知日数などはキチンと確認し、把握しておきましょう。

​暮らしの情報 あれこれ 
      ~日本の物・食べ物 Online Shop~

サポートデスクのスタッフがよく利用する日本食サイトをご紹介。

1. ​”TOKYO CENTRAL"

日本の食品・食材 近所のスーパーでは手に入りにくくても​ネットで

購入できます。

tokyocentral_edited.jpg

2.”H MART"

韓国系スーパー。日本の食材も売っています。

​韓国食品、化粧品ブームの日本へのお土産も!

hmart-logo.png

3. ”Dokodemo"

​日本から日本のコスメなどを発送してくれます。

※現在、アメリカへの発送は船便のみとなっております

dokodemo_ogpimage.jpg

4. ”NIJIYA MARKET"

NIJIYA」ブランドが手に届きます

logo (1).png

5."KATAGIRI​"

アメリカで一番老舗の日本の食品ストアー
​ニューヨーク地区の方に限定です。

logo.png

6."アジアンフード グローサー"

​ 日本食が手に入るオンラインショップ

b2c_logo.f142215.png

JAN 『あんしんサービス』のご案内

日常生活のちょっとしたことで24時間いつでも通訳

JAN-ロゴ.png

JANの「あんしんサービス」は、海外生活を送られている中で、言葉や慣習の違いで困られた場合に、24時間いつでも電話を頂戴すれば、通訳兼対応方法の案内役として皆様のサポートを致します。

すでに当サービスにご加入いただいているお客様のなかには、頻繁に使いこなして日常生活の不便を難なく解消しておられる方もいれば、「全く使ったことがない。」という方も見られます。もちろん、英語に堪能な方であれば不要なサービスではありますが、帯同されたご家族はどうでしょうか?文化も習慣も異なるアメリカで、日本語が通じないが故に、不必要な苦労をされているということはありませんか?

例えば・・

●病院の予約、受付や医師との会話 
  → 特にドクターの説明は専門用語が多く出てきます。ご自身やお子様の病状や処置を正しく理解できていますか?

●家のトラブルの修理依頼
  → 日本語でも説明するのがややこしいようなトラブルを英語で説明できますか?

 

●学校の先生との面談 
  → 子供の教育・成長や子供が直面している問題については親としてきちんと把握しておきたいですよね?

  


そんな時こそ、JANの出番です

ご利用方法は至って簡単。次の3ステップで会話を始められます。

 

①    専用の電話番号に電話 
②    日本人オペレーターが出ます
  (お名前、ご用件を伝えます。業者、学校、お店等への三者通話を希望される場合はその電話番号も伝えます。)
③    後は下図のように通訳者を介して会話開始

      JANご利用についての動画はこちら>> https://youtu.be/JKKbq9XP_GQ  

当サービスにご加入いただいているのにまだ一度も使われたことのない方、ぜひ今日から使ってみてください。使い勝手の良さをお感じ頂けると思います。


                        JANのお問合せ・お申込みはこちら>> https://www.jan24h.com/

111.jpg
Web.jpg

Have a great day!

住宅のことでお困りの際はリダックサポートデスクにご相談ください。

redac_color.png

1-888-428-0770

月~金 9:00AM~5:00PM(東海岸時間)