ご希望の家具を入居日に搬入・組み立てまでしてもらえる

レンタル家具業者紹介

お部屋が決まり入居日当日、ここから数日間は多くの駐在員が家具の組み立て、その梱包の廃棄などで一気に体力を消耗します。また、家具を一式揃えると赴任時に準備していたドルも一気になくなります。そのため最近は利便性、経済性を勘案し、下記条件に当てはまるご家庭では家具リースを活用されるようになりつつあります。

そこで、弊社では日本語窓口のある家具リース会社「CORT Furniture」を紹介しております。

購入よりリースが有利になる条件

・駐在期間が2年以内

・家族の渡米・帰国に合わせ部分的に家具を変えていきたい

・子供の入学時期に合わせ住み替えの可能性がある

・家具の組み立て、解体、処分などの手間をかけたくない

​特徴

・多くの日本人駐在員・留学生の対応実績があります。

・豊富なカスタマイズが可能で、追加や減らすことも可能です。

・どのような家具か事前に見たい場合は全米各地にショールームがあり、実際に見ることも可能です。

・リース内容を決めたら48時間以内での配送が可能のため、お部屋を決めてからでも入居日に配送してもらえるので、ギリギリまで悩めます。

・プロがセットアップしてくれます。お部屋で配置を指示するだけで入居日に生活が稼動します。

・退去の際も電話で搬出日を伝えるだけなので、解体・廃棄処分に苦労する必要はありません。

お申し込み・お問い合わせ

サービスについてのお申し込み・お問い合わせは、CORT Furnitureまで。
www.cort.com/reloredac