​地域オリエンテーション

SSN

pdf.png
  • SSN

    SSNの取得には必要書類を揃えた上で、最寄のソーシャルセキュリティオフィス(US Social Security Administration Office)で申請をします。米国入国後翌日などに申請をすると、入国情報が反映されておらず受理されないこともあるため、入国数日後の申請をお勧めします。

    また、E1・E2・L2ビザの駐在員の配偶者も取得することができます。配偶者の場合、主たるビザを持っている駐在員と必要書類が異なっていますのでご注意ください。

  • 申請方法

    最寄のソーシャルセキュリティオフィスに必要書類を提出します。書類に不備がなければ、約2週間後にご指定の住所に紙のカードが届きます。

    申請時に窓口で番号のみの発行は行われません。

  • 必要書類

    1.申請用紙 SS-5

    ソーシャルセキュリティオフィスで入手するか、下記ウェブサイトからダウンロードしてください。​記入方法は上のPDFのアイコンをクリックしてください。

    www.ssa.gov/forms/ss-5.pdf

    2.パスポート・ビザ(パスポート内に添付されたビザシール)

     

    3.出入国カード I-94

    下記ウェブサイトに必要情報を入力し、プリントアウトをしてください。

    https://i94.cbp.dhs.gov/I94/#/recent-search

     

    4.(主たるビザを持っている駐在員のみ)労働許可証 I-766 または I-797 など

    5.(配偶者のみ)主たるビザを持っている駐在員との婚姻関係を証明できる書類

    一般的に在外公館(在米日本国大使館・領事館)にて発行される婚姻証明を提出します。婚姻証明に発行には、「戸籍謄本または抄本の全ページコピー(発行後3ヶ月以内のできる限り新しいもの)」の提出が必要となりますので、日本を出国される前に役所にて取得しお持ちになられることをお勧めします。申請方法・必要書類・手数料については、最寄の在外公館のウェブサイトでご確認ください。

    6.(配偶者のみ)主たるビザを持っている駐在員のパスポート

    当書類は正式には必要書類ではありません。ただしソーシャルセキュリティオフィス担当官によっては求められる可能性があります。二度手間にならないよう、持参されることをお勧めします。

  • ​オフィス情報

    申請を行えるソーシャルセキュリティオフィス(US Social Security Administration Office)は都市の規模にもよりますが多数あります。最寄りのオフィスの検索方法は下記ウェブサイトに郵便番号(Zip Code)を入力するだけでオフィス所在地・受付時間を確認できます。

    https://secure.ssa.gov/ICON/main.jsp 

© 2021 Relo Redac, Inc. All rights reserved